幸せ貯金??

こんにちは

先日買った本

僕的にはなかなか面白くて『確かに!』って思う事が、何度もありました^ ^

・喜びを先送りしすぎてる
・人生で1番大事な仕事は思い出作り
・死んでから与えるのは遅すぎる
・人は終わりを意識すると、その時間を最大限に活用しようと意欲が高まる
・老後を待たずに資産を切り崩す

で、この本に影響されて、カウントダウンアプリをダウンロードしてみた

死ぬ日までのカウントダウン、、、

『いつ死ぬかなんてわからないし予想じゃん!』
とか思うだろうけど、永遠と生きれるわけでもないし、永遠と健康のわけでもない。
今と同じ体力が何十年も続くわけでもない

少しずつ行動範囲が狭くなるのは明らかなんですよね

死ぬ時に後悔しないように、、、

僕は80歳にしてみました^ ^

人生ラストまで残り12831日でした

週に換算すると1833週

年に換算すると、今は折り返し地点どころか、確実に死に向かってる事が理解できる、、、

残り35年

あっという間に終わるなぁ、、、

って、写真が気になりますよね??www

生まれた日?なのかな?
とりあえず純日本人ですから!!www

あ、話戻しますが、この本で1番グッときたのは

幸せを先送りしすぎ

これ、日本人あるあるじゃない??

頑張って仕事して節約して、老後の為に貯めて貯めて貯めて貯めて、、、

で、80歳になった時、自由に身体が動かないから旅行も行けない、美味しいご飯も胃が受け付けない、友達はどんどん死んで減っていく、、、

いろいろ考えさせられる本です^ ^
↓↓
Die with Zero

人生一度きりなんでバランス良く充実させたいですね

次はこれ読みます^ ^

さて、仕事します!

では!

鈴木 淳也 Junya Suzuki

株式会社ブレイス/ビーリレーション株式会社 代表取締役社長

美容室「hair brace」「brick by brace」「knot hair&products」・メンズサロン「THE DAY cut&culture shop」・アイラッシュサロン「asot eye design」・飲食店「torico」を運営。
自身もhair braceのトップスタイリストとしてハサミを持つ傍ら、月間指名300人を目指す「美容師塾」の塾長、オンラインサロンNO LIMIT・ONEMILLION $・オーナーを務めている。
2010年、千葉県千葉市中央区の三越百貨店前に40坪サロン「hair brace」をオープニングスタッフ12人でスタート。
2012年、フロア拡大により保育士の駐在するキッズルーム、ネイルサロンを完備するトータル100坪サロンへ成長。
2013年、経営危機に、、、
美容師脳での経営に限界を感じ経営塾や自己啓発セミナーなどで経営者になる為の勉強をしV字回復
2016年、メンズオンリーサロンTHE DAY CUT&CULTURE SHOPをオープン。
40日後にアイラッシュサロンasötをオープン。
2018年、カラーに特化した美容室brick by braceをオープン。
2019年、knot hair&products成田店をオープン。
2019年5月 初となる飲食店toricoをオープン
離職率を下げ、人を育てることで着実に規模を拡大している。

座右の銘は
「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学ぶ」

詳しいプロフィールはこちら